【ストレスの軽減法としてのTM】

ストレス解消のためのテクニック

超越瞑想TMは、個人のストレス軽減プログラムとしてだけでなく、世界中の企業や団体でストレス・マネジメントのソリューションとして活用されています。

世界各国で多数の企業がストレス・マネジメント対策として超越瞑想TMプログラムを採用し、日本においては一部上場企業数社を含め、100社以上の企業で超越瞑想の企業プログラムが導入されてきました。

また、アメリカ・イギリス・インド・ラテンアメリカを中心に60カ国以上で450を超える教育機関に超越瞑想が教育プログラムとして導入されています。アメリカの刑務所、ブラジルの警察、エクアドルやベネズエラ、モザンビークの軍隊など多数の国の機関で採用されています。

アメリカでは、NIH(米国国立衛生研究所)から25億円以上の研究資金が提供され、大きく根深いストレスであるPTSD(心的外傷後ストレス障害)への超越瞑想の効果について、退役軍人のストレス・マネジメントのための研究が進められています。

ストレスと不安感に対する効果 −スタンフォード大学での研究−

超越瞑想TMは、ストレスと不安の軽減において、他のテクニックより2倍の効果があることが分かりました。
146の独立した研究をメタ解析し、臨床心理ジャーナル(the Journal of Clinical Psychology)で発表された研究論文です。

どのようにTMがストレスを軽減させるか?

【ゲイリー・カプラン(医学博士)】
神経科医・ニューヨーク大学 メディカル・スクール

ストレスによる不調を改善しに私のところへやってくる人々は、すぐに習得できて持続的な結果を得られる効果的な瞑想を必要としています。

超越瞑想は心の中で行うテクニックですが、実習することで心と体の関係性が良くなるために広範囲な生理的効果が現れます。超越瞑想は自然な方法で心を内側深くに導き落ち着かせます。TM教師はこれを、「努力なしの超越」と呼びます。それがTMの他との違いで、始めて直ぐになぜそのテクニックが心と体にとても有益かが分かります。

【科学的研究】

【超越瞑想の科学的根拠】

超越瞑想プログラムについて、380を超える査読調査研究が160以上の科学専門誌によって掲載されています。これらの研究は、ハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)、スタンフォード大学医科大学院(Stanford Medical School)、イエール大学医学大学院(Yale Medical School)、カリフォルニア大学医学部(UCLA Medical School)など、主にアメリカ及び国際的な大学や研究センターで行われています。

また、米国国立衛生研究所 (National Institutes of Health)、米国医学協会 (American Meddical Association)、米国心臓学会 (American Association of Cardiology)、アメリカ心理学会(American Psychological Association)など、米国で最も信頼されている研究機関及び学会において、超越瞑想の効果についての研究発表がされている、または研究資金の提供を受けて研究が進められています。

【科学的研究チャート】

   

 

  

 

  【主な科学的研究】

Reduced Stress and Anxiety (ストレスと不安感の減少)
Decreased Depression (鬱傾向の減少)
Reduced Insomnia (不眠症の軽減)
Lower Blood Pressure (血圧の低下)
Decreased Cholesterol (コレステロールの減少)
Reduced Congestive Heart Failure (うっ血性心不全の軽減)
Reduced Atherosclerosis/Stroke (アテローム性動脈硬化症の軽減)
Decreased Free Radicals (フリーラジカルの減少)
Reduced Cardiovascular Risk Factors (心臓血管リスク要因の減少)
Reduction in Pain (痛みの軽減)
Decreased Health Care Costs and Utilization (ヘルスケアの費用と利用の減少)
Higher Levels of Brain Functioning (より高い脳機能)
Improved Intelligence, Creativity and Learning Ability (知性、創造性、学習能力の向上)
Improved Academics (学業成績の向上)
Improved School Behavior (学内行動の改善)
Improved Integration of Personality (統合されたパーソナリティの向上)
Increased Longevity (寿命の延長)
Reduced Substance Abuse (薬物乱用の減少)
Reduced Metabolic Syndrome/ Pre-Diabetes (メタボリックシンドローム/前糖尿病状態の軽減)